憧れていた賃貸物件で一人暮らし

憧れていた賃貸物件で一人暮らし


憧れていた賃貸物件で一人暮らし

賃貸のことなら「憧れていた賃貸物件で一人暮らし」

賃貸のことについて豊富なお役立ち情報を公開しています。
まずは「憧れていた賃貸物件で一人暮らし」をお気に入り登録しておくと便利です。現在ではインターネットの普及によって、わざわざ不動産屋まで出向くことなく自宅で賃貸物件探しをすることが出来ます。
実際に不動産屋で相談をしながら物件探しをするのも一つの方法ですが、その前にインターネットのご利用をオススメします。

高校を卒業していざ一人暮らしを始めようとする時、多くの人が賃貸物件を選ぶことでしょう。
どんなに学業がメインであっても、賃貸物件選びには決して妥協することなく足も使って探していきましょう。

気軽に引越しをすることの出来る賃貸ですが、一つ忘れてはいけないのはその物件は貴方のものでは無いということです。
物件のオーナーに借りているという自覚を持ち、常識ある賃貸生活を心掛けるようにしてください。




憧れていた賃貸物件で一人暮らしブログ:22 10 2020
ボクは両親と離れて住んだことが今までない。

生まれた時からボクが21歳になるまで、
一番長い時間離れていたのは
ボクが修学旅行に行った時の5日間ぐらい…

特に、
ボクと母の関係は特別で、
ボクの娘の頃のあだ名は
「母のしっぽ」だった。

ただの一秒も
母のそばを離れないということから、
誰かが私につけたあだ名だ。

だが、ボクも年を重ねると、
母のそばにいつも一緒にいるのは
だんだん難しくなった。

学校の授業、友人との遊び、サークル活動、バイトなど
ボクと母の間にはいろんな邪魔者が増えてきた。

そんな中…
ボクの一年間の交換留学は、
両親にとって「衝撃的なニュース」であった。

自分のむすめが外国で暮らす…など
想像もつかないことだった両親。

しかし、
両親は笑顔でボクに「さようなら」を言った。

別れの時、ボクは馬鹿みたいに空港で、
「わああんわああん」
声を出して泣いてしまった。

父はおととし退職。
貧しくはないが、決して裕福ではない家庭、
これがボクの家庭だ。

また、今まで離れて暮らしたことないむすめを、
外国に送り出す両親の心はどうだっただろう…
彼らも心の涙を流したはずだ。

飛行機の中でボクは決意した。
これから、一人で立ってみよう。
両親に絶対心配をかけない。

そこで、考えたのは
自分の生活費は自分で稼ぐこと。

ボクには何も言ってくれないが、
父も退職したことだし、
きっとお金の問題があるはずだと思って
バイトをすることにした。

バイトができる資格証をもらった後で
ボクはすぐバイト先を決めた。

ホテルでのバイトとレストランでのバイト。
二つのバイトは簡単ではなかったが、
生活費には充分だった。

憧れていた賃貸物件で一人暮らし

憧れていた賃貸物件で一人暮らし

★メニュー

不動産屋のキャンペーンに注目
大手不動産屋が良いとは限らない
おとり広告に注意をして賃貸探し
インターネットで賃貸の情報収集
部屋探しを始めるタイミング
賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
予め賃貸の条件を決めておきましょう
年間を通じて家賃が同じとは限らない
敷金と礼金について知っておこう
情報誌の罠に注意しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)憧れていた賃貸物件で一人暮らし