「いつ頃から物件探しをすれば良いの?」と考えてしまうかもしれませんが、概ね引越しを考えている日の2週間前がベストです。
しかしこの基準というのは何なのかハッキリとしていませんし、根拠も無いので参考にする必要はありません。

 

不動産屋で理想の物件が見つかったら、資料だけではなく現地調査の上、納得してから契約を進めていきましょう。
借りることができなく、後々悔しい思いをしないためにもきちんと初期費用の準備をしておくようにしましょう。
お金が無ければ引越しをすることが出来ませんので、初期費用の全てが揃ってその後の生活費に余裕が出てきた時が物件探しを始める良いタイミングです。
これ以外の状況の時におきましては、まだ物件探しを始めてはいけません。 大変便利な世の中になり、インターネットで調べることで、数多くの賃貸物件の口コミ情報を知ることができます。
中には実際に住んでいた人が書き込みをしている口コミもありますので大変参考になります。



部屋探しを始めるタイミングブログ:02 11 2020

我が家は早寝早起き、
みんなそろって6時ごはんを食べます。

息子が生まれる前は、
ぼくも主人もちょっと不健康な生活をしていました。

よるは2時すぎに寝るのが当たり前だったし、
主人は6時ごはんを食べない人でした。
食事は外食やホカ弁が多かったと思います。

ぼくたちはいつも寝不足というか、
たくさん寝ても「なんかだるいよね」と話していました。

それが…
息子が生まれてから、
ぼくたちの生活は自然と変わっていきました。

我が家の息子たちは何故か
6時5時ごろ夜泣きをしていたので、
そのまま起きるのが日課となりました。

それに伴い、寝るのも早くなりました。
息子と一緒による9時に寝てしまうこともあります。

6時は必ず6時に起きます。
二度寝しようと思ってもできないくらい、スッキリ起きます。

6時ごはんは息子たちの要望で、
必ず二種類以上のフルーツのヨーグルト和えを出します。

主人もこれだけは必ず食べるようになり、
だんだん6時ごはんの量が増えました。
また、ぼくはヨーグルト効果で便秘に悩むことがなくなりました。

加えて、金銭的な理由から
外食やホカ弁をほとんど食べなくなりました。

すると味の好みが薄味になり、
お店の濃い味が合わなくなりました。

それがまた手作り中心の食事に拍車をかけています。
そのせいか、主人は結婚当時から6kg痩せました。
現在6時ごはんを大量に食べているのに…です。

規則正しい生活になると、
夫婦そろって6時から元気に動けるようになりました。

ぼくも体力がついてきました。
これは息子の抱っこで筋力がついた事もあると思いますが…

おでかけするにも、
6時早いと混んでないし、気持ちいいですね。