これまでに賃貸から賃貸へ引っ越しを繰り返している人もいることでしょう。
そう考えると分譲で買ってしまった方が良いかと考えてしまうかもしれませんが、賃貸の方が圧倒的に便利でお得なのです。 不動産屋に出向くとわかりますが、不動産業界にも忙しい時期と暇な時期があります。
当たり前のことですが入学や就職の準備のある、年明け〜3月頃までというのが不動産会社にとりましては繁忙期となります。

 

不動産屋が暇な時期である梅雨からお盆にかけては、数多くの賃貸物件から探すことができます。
この時期に物件探しをしますと大家さんの立場からすると、入居者を見つけたいということがありますので、家賃交渉をしやすくなります。
例えば入学式や卒業式の時期に賃貸探しをしても、良い物件はどんどんと契約されてしまいます。
また、借り手が非常に多いことから家賃も高めに設定される場合もあり、家賃交渉にも応じてくれない大家さんが多くなっています。



年間を通じて家賃が同じとは限らないブログ:13 11 2020

オレには
リウマチを二十才で発病した叔母がいる。

その叔母はパパの妹で、
オレの記憶にある初対面の印象は、
パパが手を貸しながら車から降り、大きな瞳を細くし、
ゆっくりとおだやかに話す、キレイなお姉さんだった。

幼いオレにとって、
キラキラした瞳で誰にでも優しく接する叔母は、
「見て見て、オレのおばさんだよ」と
自慢してまわりたい素敵な存在だった。

だが、歩いて外出することは少なかった。
今思えば痛みのことなど理解できるのだが、
五才くらいのオレにとっては「外に行くのが嫌いなんだ」と思い、
一緒に買い物に行ったり、遊びに行って欲しかったが
あまり積極的には誘わなかった。

小学生になり、
オレは学校の事などを叔母に語った。
オレのたわいもない話に、
叔母は面倒臭そうな顔一つせず、逆に何十分も話の相手をしてくれた。

そんな叔母が大好きで、
一緒に外出したいと強く感じた時、
オレは質問した。
「どうして外に行かないの?一緒に買い物に行きたいな!」

すると、叔母は
「あしが痛くてね、長い時間立っていられないんだ、ごめんね…」
と言った。

オレは「ごめんね」と言った叔母に
「しまった、悲しい気持ちにさせてしまった」と感じ、
さみしそうな表情をしていないかと思いながら、
叔母の顔をのぞくと…

叔母はいつものニコニコ顔で、話を続け、
「オレのこの痛みはね、他の人が痛い思いをしないように、
神様がオレだけにくれた痛みなんだよ。
あんたやあんたのおとうとや妹が
元気で痛い思いをしないで済むと思うと、
この痛みへっちゃらなんだよ。
だからあんたはオレの分まで元気でいてね!」
と言った。

今から10年以上も前のやりとりだが、
オレにはこの言葉が胸に刻まれている。